Skip to main content

DIYリフォーム パート18 - 新築の方が楽という噂 / DIY Renovation Part 18 - Rumor is that a total rebuild is easier

DIYリフォーム パート18 - 新築の方が楽という噂 / DIY Renovation Part 18 - Rumor is that a total rebuild is easier

大分初期の記事でトイレのドアの付け替えをお見せしましたが、このドアの左にある壁を・・・。
Quite early in the articles, I believe I showed you the replacement of the toilet door, but the wall to the left of this door...
壊します!ひどい散らかり様・・・。
Will be demolished! What a mess...
そして質量保存の法則によりその隣の出入り口だったところに壁が勝手に出来る・・・訳もなく頑張って作ります。
And because of the law of conservation of mass, next to the old wall a new wall will appear...not, so we'd need to put much effort on building a new one.
ご存知の方は耐力壁だということがすぐわかると思いますが、アイランドキッチン化に際しての動線の確保と同時に柱同士を耐力壁で連結して強度を上げます。
The people in the know may recognize right away but in order to turn it into an island kitchen, optimize the flow line, and increase the structural strength at the same time we have connected the pillars with a structural wall.
勿論それだけではなく、同時に他の壁のなくなった部分の辻褄を合わせます。
 Of course not only that, but we'd need to fix the inconsistancy coming from losing the other walls.
とりあえずいらない部分を切り飛ばします。
Just cut off the unneeded bits.
そして石膏ボードとビスで塞ぎます。
And plug the hole up with screws and plasterboards.
他の内壁の無い部分も石膏ボードで塞ぎます。
Places missing internal walls will be also treated.
窓の右側の端に収納が欲しいとリクエストがあったようで、このようになっています。
It seems there was a request for a storage at the right end of the window so there we go.
開けゴマ。
Open sesame.

分けわからなくなるので別々に紹介してますが、色々同時進行で基本進んでおります。大体1日の終わりはヘトヘトで、脳が働かなくなりますね。本職の人に敬礼!
It'll be really confusing so I'm introducing the tasks in segments, but usually, there are several things going on at once. At the end of the day, I'm usually worn out and braindead. Salute to the Pros!

Comments

Popular posts from this blog

引くと薬莢を排出する DIY 段ボールライフルの作り方 / Pull to Eject | How To Make DIY Cardboard Gun For You & Kids

引くと薬莢を排出する DIY 段ボールライフルの作り方 / Pull to Eject | How To Make DIY Cardboard Gun For You & Kids これはすごい!実際動作する段ボール製のライフル!なんと弾まで紙製です! This is truly amazing! A cardboard rifle that actually works! Even the ammo is paper!

ハロー キティ マウスのDIYラインストーン デコ / Hello Kitty DIY Rhinestone Decor

ハロー キティ マウスのDIYラインストーン デコ / Hello Kitty DIY Rhinestone Decor 見出しの画像は編者ではなく姉の作です。当ブログ記事の家のリフォームのデザインを考えてる人ですね。以前からDIY好きを自称していましたが、実際やったら根気つづかないんでしょ?と思っていたんですが、なんと物凄いDIY好きだということが分かりました。まあ、この記事の写真を見てもわかりますよね。 ちなみに彼女のBlogはこちら。 荒木師匠オフィシャルブログ「荒木師匠の修行日記」 The top image is not mine (the writer) but by my sister. She's the one responsible for the designing of the house renovation on our blog. She's been telling me she loved DIY, but I was l ike "But you wouldn't last long if you actually do the stuff no?" but I was wrong. She really likes DIY. A lot. Well, you can already tell by the photos in this article. By the way, her blog is here . まず希望の色と大きさのラインストーン、専用の接着剤、とんがった棒っぽいものと爪楊枝が必要なようです。そして当然キティ様のマウス。デコったのがAmazonで売ってるけど死ぬほど高い(数万円だったかと)ということで一番安い普通のを買って自分でデコることに。皆様にもお勧めとしてはGoogleの画像検索で検索して(カタカナと英語両方で見てみるのを忘れないように)気になる画像を見てお店かチェック。そうすると大概の物が安く買えます。 First, you seem to need the rhinestones you want color/sizes, a specific glue for rhinestones, then a pointy stic

DIYリフォーム パート30 - 化粧 / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics

DIYリフォーム パート30 - 化粧  / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics 今回でとりあえず撮りだめた分は終わりです。窓をやりながら化粧をやっていったわけですが、ほとんどの壁は珪藻土です。例の ネリード というブランドのもので、非常に塗りやすくておすすめです。編者もこれ以前はコテで珪藻土をぬるという経験は無かったのですが、簡単すぎて拍子抜けです。広告費が出てるわけではないですよ!ただ、水性とはいえ床に落とすと拭かなければいけないので、それなりに体力は使います。 These are the end of the photos that have been taken for the moment. We did the cosmetics for the wall alongside doing the windows, which was done with the Diatomaceous earth that goes by the brand of Nerido , and is insanely easy to apply. I have never used a trowel before but it was to the level that it was anticlimactic. And I'm not paid to write this! But I must warn you, even though it's water-based, if you drip it on to the floor it'll get messy and you'll likely use a considerable amount of energy. 窓枠はまだ未塗装です。 The window frames aren't painted yet. ここの右側の耐力壁だけ一部壁紙が使用されています。中々アクセントになっていてオシャレです。 The structural wall you see on the right side has a wallpaper applied. It works as an accent and mak