Skip to main content

DIY・自作 管共鳴 ( QWT / TQWT ) スピーカー パート7 - ユニットの取り付け・吸音材の配置 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 7 - Installing of the speaker unit and sound absorbing material

DIY 管共鳴 ( QWT / TQWT ) スピーカー パート7 - ユニットの取り付け・吸音材の配置 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 7 - Installing of the speaker unit and sound-absorbing material

以前書いた通り2重配線です。また半田は十分電線を熱して半田が完全に染み込むようにするのが基本です。あまりやる人は居ないようですが、線をきちんと絡げてそのままでも音が綺麗に再生出来るようにしてから半田を入れるようにしています。昔はそういうもんでした。ちなみに熱をたくさん与えると皮膜が溶けたりしますが、それを避けたいのであればこの工作で使用したようなテフロン皮膜のものを使うと良いです。
As mentioned before, the unit is double wired. Basically, you need to have the wires hot so the solder would seep into the strands. Also, I see not many people do this, but I like to wrap the wires on so it will work to a level without the solder, then apply the solder. It used to be a thing. By the way, applying heat may melt your wire insulation, so if you aren't experienced and you would like to avoid this, you may want to consider using wires with Teflon an insulator as used in this case.
スピーカーユニットの収まる穴を見てもらえればわかりますが、一か所ユニットのフレームギリギリまで穴が広げてあります。磁石が大きいため、配線を半田するターミナル部分が機械的に干渉するからです。このユニットFF85Kの後継機種であるFF85WKは磁石の直径が70㎜から65㎜になっているのは多分これが理由です。
As you can see from the hole for the speaker unit to be mounted in, the hole is carved at one point where it almost meets the frame of the unit. This is because the magnet size makes the wiring terminal to be mechanically interfering if not done so. The successor unit of the here used FF85K, which is FF85WK had its magnet diameter shrunk from 70 mm of the former model to 65 mm probably for this reason..
後面の穴は設計上90㎜x90㎜にしましたが、ユニットのドライブ能力が足りないため付帯音がしたので半分ほど塞ぐ形に開口部に吸音材を入れました。この後磁石取り付けて磁力を強化して全て開口する形にしました。この吸音材の配置というのは意外に大事な部分で、密閉やバスレフでも影響がありますが、管共鳴やバックロードホーンでは大きな違いを生みます。全てとは言いませんが、管共鳴やバックロードホーンの評価が割れるのは吸音材の使われ方にもその一端があると思います。簡単に書くと、磁気回路の強さとキャビネットの大きさと(ロードのかかり方)吸音材の場所と量の関係になります。
The opening on the rear bottom side was designed as 90 mm by 90 mm, but it was proven that the speaker unit didn't have the capability to handle it giving it a boomy sound so I have plugged up half of the opening with sound-absorbing material. This was taken away after reinforcing the magnetic circuit by adding extra magnets. The sound-absorbing material is rather important than many people see. Sealed and ported enclosures have significant differences with how / what is used, but the quarter-wave tube (Transmission line as well) and back loaded horn will have a huge impact on the sound quality. If I write it as simple as possible, it will be a relation with the strength of the magnetic circuit and the cabinet's size (how the load will be) and the positions and amount of the sound-absorbing material.
 
これで一応の完成です。ちなみにこの壁は現在DIYリフォームの記事の家の1F奥側の部屋になります。キッチン側の対面ですね。
For now, it's complete. By the way, this wall behind is the wall from the same house where the DIY Renovation article is being done. It's the far side room from the entrance door. The room that's across the kitchen.
このあと最後の記事として実験で分かったことと測定や現在同使用しているかを書きたいと思います。なので、つづく!
I have a plan for the last article on what I found about with this experimenting as well as some measurements and how I use it currently. So still to be continued!

Comments

Popular posts from this blog

引くと薬莢を排出する DIY 段ボールライフルの作り方 / Pull to Eject | How To Make DIY Cardboard Gun For You & Kids

引くと薬莢を排出する DIY 段ボールライフルの作り方 / Pull to Eject | How To Make DIY Cardboard Gun For You & Kids これはすごい!実際動作する段ボール製のライフル!なんと弾まで紙製です! This is truly amazing! A cardboard rifle that actually works! Even the ammo is paper!

ハロー キティ マウスのDIYラインストーン デコ / Hello Kitty DIY Rhinestone Decor

ハロー キティ マウスのDIYラインストーン デコ / Hello Kitty DIY Rhinestone Decor 見出しの画像は編者ではなく姉の作です。当ブログ記事の家のリフォームのデザインを考えてる人ですね。以前からDIY好きを自称していましたが、実際やったら根気つづかないんでしょ?と思っていたんですが、なんと物凄いDIY好きだということが分かりました。まあ、この記事の写真を見てもわかりますよね。 ちなみに彼女のBlogはこちら。 荒木師匠オフィシャルブログ「荒木師匠の修行日記」 The top image is not mine (the writer) but by my sister. She's the one responsible for the designing of the house renovation on our blog. She's been telling me she loved DIY, but I was l ike "But you wouldn't last long if you actually do the stuff no?" but I was wrong. She really likes DIY. A lot. Well, you can already tell by the photos in this article. By the way, her blog is here . まず希望の色と大きさのラインストーン、専用の接着剤、とんがった棒っぽいものと爪楊枝が必要なようです。そして当然キティ様のマウス。デコったのがAmazonで売ってるけど死ぬほど高い(数万円だったかと)ということで一番安い普通のを買って自分でデコることに。皆様にもお勧めとしてはGoogleの画像検索で検索して(カタカナと英語両方で見てみるのを忘れないように)気になる画像を見てお店かチェック。そうすると大概の物が安く買えます。 First, you seem to need the rhinestones you want color/sizes, a specific glue for rhinestones, then a pointy stic

DIYリフォーム パート30 - 化粧 / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics

DIYリフォーム パート30 - 化粧  / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics 今回でとりあえず撮りだめた分は終わりです。窓をやりながら化粧をやっていったわけですが、ほとんどの壁は珪藻土です。例の ネリード というブランドのもので、非常に塗りやすくておすすめです。編者もこれ以前はコテで珪藻土をぬるという経験は無かったのですが、簡単すぎて拍子抜けです。広告費が出てるわけではないですよ!ただ、水性とはいえ床に落とすと拭かなければいけないので、それなりに体力は使います。 These are the end of the photos that have been taken for the moment. We did the cosmetics for the wall alongside doing the windows, which was done with the Diatomaceous earth that goes by the brand of Nerido , and is insanely easy to apply. I have never used a trowel before but it was to the level that it was anticlimactic. And I'm not paid to write this! But I must warn you, even though it's water-based, if you drip it on to the floor it'll get messy and you'll likely use a considerable amount of energy. 窓枠はまだ未塗装です。 The window frames aren't painted yet. ここの右側の耐力壁だけ一部壁紙が使用されています。中々アクセントになっていてオシャレです。 The structural wall you see on the right side has a wallpaper applied. It works as an accent and mak