Skip to main content

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT )スピーカー パート4 - 配線と最終組み立て / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 4 - Wiring and the final assembly

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT )スピーカー パート4 - 配線と最終組み立て / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 4 - Wiring and the final assembly

ターミナルを取り付けます。高品質なターミナルは1つのボルトに2つナットがついてきますが、このスピーカーは非常に実験的なものだったので少しグレードの低いものを使いました。誰かに勧める場合であれば2つナットがついてるものを勧めます。
On goes the terminal. The good stuff usually has two nuts on one bolt to stop it from loosening. Since for me, this speaker was very experimental, I used a lower grade one than I normally use. I would recommend a double nut terminal in most cases.
メーカー品は良くプラスチックのパネルにターミナルがはめ込まれたものを使っていますが、それは電動ドリルで取り付けられるので組み立て時間の短縮になるからです。メリットはスピーカーを寝かせたときターミナルがぶつからず故障の原因などになりにくいということです。個人的に木に直接取り付けた方が音響的に影響が無いと考えているので(試験をしたわけではありません)好んでこのタイプを使っています。
The manufactures usually use a type of terminal that is bolted on to a plastic mount, but that is to shorten the assembly time using a powered screwdriver so as to saving man-hours. Personally, I would like to have the least effect on the sound quality (For the record, not like I have tested the theory.) so I prefer to use these types of terminals.
使用した電線はOFCでテフロン皮膜のものだと記憶しています。確かワイヤーゲージは18だったかと。
The wires used were an OFC with Teflon insulation as I remember. The wire gauge (AWG) was 18 if I remember correctly.
4本ずつ切っていますが、これはユニットを2重に配線するためです。
There are 4 strands for each color, but this is to double wire the unit.
このように。何故2重かというと、直流抵抗を出来るだけ下げたいわけですが、そのためには伝導率の良い材質で出来るだけ太い配線をするという話になりますが、そうすると小さいユニットは取り付けが不可能になったりしますので、このようにしました。
Like so. The reason why is that I would like to lower the resistance of the cable as low as possible so in order to achieve this. you would need the wire thick as possible, but at the same time that will challenge the assembly mechanically, so the double strands.
,
ノリが乗ります。バッフル(前面パネル)と背面が連結されてるのが分かります。強度確保のためですが、全体をつなげていないのは端材を活用したからです。当時コスト的に有利だった3x6板を使ったためです。
On goes the glue. You can see the baffle (front panel) connected to the rear panel. This for structural rigidity. The reason it's not connected thoroughly is that the reinforcements were from leftover material. This is because a 1820 mm by 910 mm ply wood (Japanese standard) was used.
以前も書きましたがクランプ類が無い場合はのりが少し乾いた段階で板がずれないようにネジ止めすると精度が高く組みあがります。この時はキャビネットの左右前面の角を45度に落としたかったのでネジを避けました。小さいユニットほど定位や音像がはっきりするということだったので、出来るだけバッフル面を細くしたかったという経緯です。12㎝幅のキャビネットなので、実際はその角を削った程度ではさほど影響はないですが、実験機なので限界まで追求しました。
I've mentioned before but if you do not have clamps, you could use screws after the glue has slightly dried for a precise build. This cabinet will have the edges shaved off at a 45 degrees angle so I wanted to avoid screws at that time. The theory is that smaller the unit the sharper the focus of the sound image/stage so I wanted to do a slim baffle as possible build. The structure being a cabinet width of 12 cm, shaving off the edges won't make much of a difference, but since it was an experimental build, I went for the most slimmest possible.

ご覧の通り角がそのままでもかなり細いキャビネットです。CDの幅です。
As you can see, the cabinet is quite slim even with the corners. A CD size width.
面取りカンナというものを使います。きちんと刃を調整して少しずつ削れば45度に保つガイドがあるので技術というほどの技術はいりません。興味のある方は是非!
In Japan, it's called a "Mentori Kanna" which means chamfering plane. If you adjust the blade carefully and take your time, there's not much of a technique involved. If you are interested, I'd say go for it!
まだ幾つか工程が残っています。
Yet a few steps to go.

Comments

Popular posts from this blog

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT ) スピーカー パート1 - 10年前の工作 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 1 - A 10 years old craft

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT ) スピーカー パート1 - 10年前の工作 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 1 - A 10 years old craft 今日は少し志向を変えて以前の職場のBBSから10年ほど前に自作したスピーカーの写真をせしめたので紹介したいと思います。1枚目は現在の姿で、2枚目は発掘された時の姿です。Quarter Wave Tube (1/4波長管)という種類の構造で、菅の共鳴を使って低域を補助する設計です。現在はサブウーハーと一緒に使っていますが。 Today, I'd like to show some photos I got off of my former job's BBS, which is about a set of DIY speakers I built some 10 years ago. The first image is what it looks like today, and the second image is what it looked like when I excavated it. It's a design called a Quarter Wave Tube which is a structure that uses pipe resonance to reinforce low frequency. It's being used with a subwoofer now though. ご覧の通り本来は白いコーンのスピーカーなのですが、年を経てインディー・ジョンズの映画に出てくる地図のようになってしまいました。なので、コーン紙の染料を手に入れて染めたんですが、なんだか墨汁にそっくりな匂いでした。100円ショップの墨汁使っとけば100円で済みましたね。次の機会にはそうしてみようと思います。 As you can see the cone of the speaker was originally white, but the years have made it discolored like a treasure map from Indiana Jones. So I dyed

DIY LM3886 Gainclone パワーアンプ No.2 / DIY LM3886 (gainclone) Power Amplifier No. 2

DIY LM3886 Gainclone パワーアンプ No.2 / DIY LM3886 (gainclone) Power Amplifier No. 2 タイトルにGaincloneとありますが、47LaboratoryのGaincardというアンプの(回路的な)クローンという意味です。音質に定評があるアンプのクローンであることもさることながら、このミニマリストなデザインが好き。メーターがあったらミニマリストじゃないだろうという人もいるかと思いますが、何にしてもかっこよすぎる。 The title has the word gainclone to it but this is about an amplifier from the 47 Laboratory named Gaincard and it seems this is it's clone (circuit wise). While it being a clone of a reputable sound quality amp, I like this minimalist design. Well, some might argue having a VU meter isn't minimalist, but it's just so cool.

DIYリフォーム パート30 - 化粧 / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics

DIYリフォーム パート30 - 化粧  / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics 今回でとりあえず撮りだめた分は終わりです。窓をやりながら化粧をやっていったわけですが、ほとんどの壁は珪藻土です。例の ネリード というブランドのもので、非常に塗りやすくておすすめです。編者もこれ以前はコテで珪藻土をぬるという経験は無かったのですが、簡単すぎて拍子抜けです。広告費が出てるわけではないですよ!ただ、水性とはいえ床に落とすと拭かなければいけないので、それなりに体力は使います。 These are the end of the photos that have been taken for the moment. We did the cosmetics for the wall alongside doing the windows, which was done with the Diatomaceous earth that goes by the brand of Nerido , and is insanely easy to apply. I have never used a trowel before but it was to the level that it was anticlimactic. And I'm not paid to write this! But I must warn you, even though it's water-based, if you drip it on to the floor it'll get messy and you'll likely use a considerable amount of energy. 窓枠はまだ未塗装です。 The window frames aren't painted yet. ここの右側の耐力壁だけ一部壁紙が使用されています。中々アクセントになっていてオシャレです。 The structural wall you see on the right side has a wallpaper applied. It works as an accent and mak