Skip to main content

DIY・自作 管共鳴 ( QWT / TQWT )スピーカー パート3 - 一回折り返し共鳴管の構造 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 3 - The structure of a folded quater wave tube

DIY・自作 管共鳴 (QWT / TQWT )スピーカー パート3 - 一回折り返し共鳴管の構造 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 3 - The structure of a folded quarter-wave tube

なんで画像も荒いのに10年も前のものを上げることに決めたかというと、記事内容を上げていた場所が再開するとは言っていたものの、コンテンツがそのまま残ってるかの保証がなかったからです。昔読んでいたDIYのスピーカーのページで無くなっているものとかもあったので少しでも後発の人のために資料があっても良いかなと。
Why I am uploading this despite the poor image quality is because the place that had these photos has temporarily shut down and I do not know if it will hold this information when they are back up. Also, there are many DIY speaker websites that are gone now, so I figured it might be a good thing to have any articles for the people who will come after.
上の通りスピーカーターミナルの直径を図って穴を開けるべきなのですが、ちょっきりより小さい穴を開けて気密性を確保します。その上にコーキング材を使っても良いと思います。シリコン系のコーキング材とか。
As above, you should measure the speaker terminal and then rather drilling an exact diameter hole, you should drill a slightly smaller hole for a tight fit. It wouldn't hurt to add some caulking like silicone caulking either.
上板の接着。
Assembling the top wood panel. 
背面の板に垂直に板材を接着。中板と背面を結合して強度を稼ぎます。
Attaching a vertical piece to the rear panel. This will connect the rear panel to the inner panel for structural strength.
前後の構造を接着。
Assembling of the front and rear structure. 
ここで全体の構造が見て取れます。やったことがある人にはなんて事のない構造で、90㎝1回折り返しの全長180㎝の共鳴管です。これによって47.7Hzを共鳴させて低域を補助します。結論から言うと、使用したスピーカーユニットのFostex FF85Kでは低域が足りずいわゆるハイ上りの音がします。もし8㎝ユニットを使うなら最近はサブウーハーが安いので併用をお勧めします。もしサブウーハーを避けたいのであれば10㎝のユニットが良いかと思います。
Here you can take a look at the total structure. For someone who tried this already, it's nothing but a simple 90cm height structure with a single turn making it a 180cm resonant pipe, which will assist 47.7Hz. The unit used here is an 8cm (3 inches)Fostex FF85K but this ended up with not enough bass so I would recommend a subwoofer with it since they come by cheap nowadays. I would recommend a 10cm (4 inch) unit if you want to avoid the subs.
元々はデスクトップのパソコン用に計画したものなので、200x年頃は非常に意欲的なプロジェクトでした。何ぜ当時はBoseのものやLogicoolのサブウーハー付きマルチメディアスピーカーとその他ドライブインの応対用スピーカーレベルのものがほとんどだったので。
次は配線をした後サイドパネルを接着します。
This original was planned for my desktop PC, so back in 200x or so, it was an ambitious project. Because for PC back then there was Bose stuff, Logitec multimedia speakers with subs and the rest were mostly drive-in speaker level garbage.
Next will be the wiring and assemble the side panels.

Comments

Popular posts from this blog

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT ) スピーカー パート1 - 10年前の工作 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 1 - A 10 years old craft

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT ) スピーカー パート1 - 10年前の工作 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 1 - A 10 years old craft 今日は少し志向を変えて以前の職場のBBSから10年ほど前に自作したスピーカーの写真をせしめたので紹介したいと思います。1枚目は現在の姿で、2枚目は発掘された時の姿です。Quarter Wave Tube (1/4波長管)という種類の構造で、菅の共鳴を使って低域を補助する設計です。現在はサブウーハーと一緒に使っていますが。 Today, I'd like to show some photos I got off of my former job's BBS, which is about a set of DIY speakers I built some 10 years ago. The first image is what it looks like today, and the second image is what it looked like when I excavated it. It's a design called a Quarter Wave Tube which is a structure that uses pipe resonance to reinforce low frequency. It's being used with a subwoofer now though. ご覧の通り本来は白いコーンのスピーカーなのですが、年を経てインディー・ジョンズの映画に出てくる地図のようになってしまいました。なので、コーン紙の染料を手に入れて染めたんですが、なんだか墨汁にそっくりな匂いでした。100円ショップの墨汁使っとけば100円で済みましたね。次の機会にはそうしてみようと思います。 As you can see the cone of the speaker was originally white, but the years have made it discolored like a treasure map from Indiana Jones. So I dyed

DIY LM3886 Gainclone パワーアンプ No.2 / DIY LM3886 (gainclone) Power Amplifier No. 2

DIY LM3886 Gainclone パワーアンプ No.2 / DIY LM3886 (gainclone) Power Amplifier No. 2 タイトルにGaincloneとありますが、47LaboratoryのGaincardというアンプの(回路的な)クローンという意味です。音質に定評があるアンプのクローンであることもさることながら、このミニマリストなデザインが好き。メーターがあったらミニマリストじゃないだろうという人もいるかと思いますが、何にしてもかっこよすぎる。 The title has the word gainclone to it but this is about an amplifier from the 47 Laboratory named Gaincard and it seems this is it's clone (circuit wise). While it being a clone of a reputable sound quality amp, I like this minimalist design. Well, some might argue having a VU meter isn't minimalist, but it's just so cool.

DIYリフォーム パート30 - 化粧 / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics

DIYリフォーム パート30 - 化粧  / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics 今回でとりあえず撮りだめた分は終わりです。窓をやりながら化粧をやっていったわけですが、ほとんどの壁は珪藻土です。例の ネリード というブランドのもので、非常に塗りやすくておすすめです。編者もこれ以前はコテで珪藻土をぬるという経験は無かったのですが、簡単すぎて拍子抜けです。広告費が出てるわけではないですよ!ただ、水性とはいえ床に落とすと拭かなければいけないので、それなりに体力は使います。 These are the end of the photos that have been taken for the moment. We did the cosmetics for the wall alongside doing the windows, which was done with the Diatomaceous earth that goes by the brand of Nerido , and is insanely easy to apply. I have never used a trowel before but it was to the level that it was anticlimactic. And I'm not paid to write this! But I must warn you, even though it's water-based, if you drip it on to the floor it'll get messy and you'll likely use a considerable amount of energy. 窓枠はまだ未塗装です。 The window frames aren't painted yet. ここの右側の耐力壁だけ一部壁紙が使用されています。中々アクセントになっていてオシャレです。 The structural wall you see on the right side has a wallpaper applied. It works as an accent and mak