Skip to main content

DIYリフォーム パート12 - ワックス塗るワックス拭き取る / DIY Renovation Part 12 - Wax on, wax off

DIYリフォーム パート12 - ワックス塗るワックス拭き取る / DIY Renovation Part 12 - Wax on, wax off

ある偉人がこう言いました。『ワックス塗るワックス拭き取る。』この言葉の偉大さはどういう意味があるかというと、ドアを取り外したなら、ドアを取り付けなければならないという真理に繋がる所です。アーメン。
Once a wise man said. ”Wax on, wax off.” The wisdom in this say tells you that if you took off a door, you must put one on. Amen.
上でブロックを戸口の左右につけていますが、その上に柱を立てます。両開きだったドアを標準の片開にするためです。ところで英語で両開きのドアをフレンチ・ドアって言うんですが、何ででしょうね。ポテト・フライもフレンチ・フライって言いますね。フランスパンは本当にフランス由来?フランスが秘密裏に世界征服を!?謎は深まるばかり。
 There are concrete blocks placed on both sides of the doorstep but this if for erecting pillars to have the French doors replaced with a regular door. By the way, why do you call those double doors a French door? And why do you say French fries? Does French bread really come from France? Are the French secretly taking over the world? The mystery deepens.
このあと内側は石膏ボードで、外側はラスカットで閉じます。
The interior side will be drywalled and the exterior side will be plugged with Rascut. 
残念ながら工期に本来のドアが間に合わなかったため、仮のドアが業者さんから送られてきていました。開けっ放しは行儀が悪いので今日の所はこのドアです。
Unfortunately, the door didn't make the deadline so the supplier sent us a placeholder. It's against manners to leave the door open so we attached this one for today.
 
ご覧の通りラスカットで閉じて、今度こそモルタル準備OK!
As you can see, we've attached Lathcut and now for real, we're ready for the Mortar!

Comments

Popular posts from this blog

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT ) スピーカー パート1 - 10年前の工作 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 1 - A 10 years old craft

DIY・自作 管共鳴( QWT / TQWT ) スピーカー パート1 - 10年前の工作 / DIY QWT ( TQWT ) Speakers Part 1 - A 10 years old craft 今日は少し志向を変えて以前の職場のBBSから10年ほど前に自作したスピーカーの写真をせしめたので紹介したいと思います。1枚目は現在の姿で、2枚目は発掘された時の姿です。Quarter Wave Tube (1/4波長管)という種類の構造で、菅の共鳴を使って低域を補助する設計です。現在はサブウーハーと一緒に使っていますが。 Today, I'd like to show some photos I got off of my former job's BBS, which is about a set of DIY speakers I built some 10 years ago. The first image is what it looks like today, and the second image is what it looked like when I excavated it. It's a design called a Quarter Wave Tube which is a structure that uses pipe resonance to reinforce low frequency. It's being used with a subwoofer now though. ご覧の通り本来は白いコーンのスピーカーなのですが、年を経てインディー・ジョンズの映画に出てくる地図のようになってしまいました。なので、コーン紙の染料を手に入れて染めたんですが、なんだか墨汁にそっくりな匂いでした。100円ショップの墨汁使っとけば100円で済みましたね。次の機会にはそうしてみようと思います。 As you can see the cone of the speaker was originally white, but the years have made it discolored like a treasure map from Indiana Jones. So I dyed

DIY LM3886 Gainclone パワーアンプ No.2 / DIY LM3886 (gainclone) Power Amplifier No. 2

DIY LM3886 Gainclone パワーアンプ No.2 / DIY LM3886 (gainclone) Power Amplifier No. 2 タイトルにGaincloneとありますが、47LaboratoryのGaincardというアンプの(回路的な)クローンという意味です。音質に定評があるアンプのクローンであることもさることながら、このミニマリストなデザインが好き。メーターがあったらミニマリストじゃないだろうという人もいるかと思いますが、何にしてもかっこよすぎる。 The title has the word gainclone to it but this is about an amplifier from the 47 Laboratory named Gaincard and it seems this is it's clone (circuit wise). While it being a clone of a reputable sound quality amp, I like this minimalist design. Well, some might argue having a VU meter isn't minimalist, but it's just so cool.

DIYリフォーム パート30 - 化粧 / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics

DIYリフォーム パート30 - 化粧  / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics 今回でとりあえず撮りだめた分は終わりです。窓をやりながら化粧をやっていったわけですが、ほとんどの壁は珪藻土です。例の ネリード というブランドのもので、非常に塗りやすくておすすめです。編者もこれ以前はコテで珪藻土をぬるという経験は無かったのですが、簡単すぎて拍子抜けです。広告費が出てるわけではないですよ!ただ、水性とはいえ床に落とすと拭かなければいけないので、それなりに体力は使います。 These are the end of the photos that have been taken for the moment. We did the cosmetics for the wall alongside doing the windows, which was done with the Diatomaceous earth that goes by the brand of Nerido , and is insanely easy to apply. I have never used a trowel before but it was to the level that it was anticlimactic. And I'm not paid to write this! But I must warn you, even though it's water-based, if you drip it on to the floor it'll get messy and you'll likely use a considerable amount of energy. 窓枠はまだ未塗装です。 The window frames aren't painted yet. ここの右側の耐力壁だけ一部壁紙が使用されています。中々アクセントになっていてオシャレです。 The structural wall you see on the right side has a wallpaper applied. It works as an accent and mak