Skip to main content

DIYリフォーム パート12 - ワックス塗るワックス拭き取る / DIY Renovation Part 12 - Wax on, wax off

DIYリフォーム パート12 - ワックス塗るワックス拭き取る / DIY Renovation Part 12 - Wax on, wax off

ある偉人がこう言いました。『ワックス塗るワックス拭き取る。』この言葉の偉大さはどういう意味があるかというと、ドアを取り外したなら、ドアを取り付けなければならないという真理に繋がる所です。アーメン。
Once a wise man said. ”Wax on, wax off.” The wisdom in this say tells you that if you took off a door, you must put one on. Amen.
上でブロックを戸口の左右につけていますが、その上に柱を立てます。両開きだったドアを標準の片開にするためです。ところで英語で両開きのドアをフレンチ・ドアって言うんですが、何ででしょうね。ポテト・フライもフレンチ・フライって言いますね。フランスパンは本当にフランス由来?フランスが秘密裏に世界征服を!?謎は深まるばかり。
 There are concrete blocks placed on both sides of the doorstep but this if for erecting pillars to have the French doors replaced with a regular door. By the way, why do you call those double doors a French door? And why do you say French fries? Does French bread really come from France? Are the French secretly taking over the world? The mystery deepens.
このあと内側は石膏ボードで、外側はラスカットで閉じます。
The interior side will be drywalled and the exterior side will be plugged with Rascut. 
残念ながら工期に本来のドアが間に合わなかったため、仮のドアが業者さんから送られてきていました。開けっ放しは行儀が悪いので今日の所はこのドアです。
Unfortunately, the door didn't make the deadline so the supplier sent us a placeholder. It's against manners to leave the door open so we attached this one for today.
 
ご覧の通りラスカットで閉じて、今度こそモルタル準備OK!
As you can see, we've attached Lathcut and now for real, we're ready for the Mortar!

Comments

Popular posts from this blog

引くと薬莢を排出する DIY 段ボールライフルの作り方 / Pull to Eject | How To Make DIY Cardboard Gun For You & Kids

引くと薬莢を排出する DIY 段ボールライフルの作り方 / Pull to Eject | How To Make DIY Cardboard Gun For You & Kids これはすごい!実際動作する段ボール製のライフル!なんと弾まで紙製です! This is truly amazing! A cardboard rifle that actually works! Even the ammo is paper!

ハロー キティ マウスのDIYラインストーン デコ / Hello Kitty DIY Rhinestone Decor

ハロー キティ マウスのDIYラインストーン デコ / Hello Kitty DIY Rhinestone Decor 見出しの画像は編者ではなく姉の作です。当ブログ記事の家のリフォームのデザインを考えてる人ですね。以前からDIY好きを自称していましたが、実際やったら根気つづかないんでしょ?と思っていたんですが、なんと物凄いDIY好きだということが分かりました。まあ、この記事の写真を見てもわかりますよね。 ちなみに彼女のBlogはこちら。 荒木師匠オフィシャルブログ「荒木師匠の修行日記」 The top image is not mine (the writer) but by my sister. She's the one responsible for the designing of the house renovation on our blog. She's been telling me she loved DIY, but I was l ike "But you wouldn't last long if you actually do the stuff no?" but I was wrong. She really likes DIY. A lot. Well, you can already tell by the photos in this article. By the way, her blog is here . まず希望の色と大きさのラインストーン、専用の接着剤、とんがった棒っぽいものと爪楊枝が必要なようです。そして当然キティ様のマウス。デコったのがAmazonで売ってるけど死ぬほど高い(数万円だったかと)ということで一番安い普通のを買って自分でデコることに。皆様にもお勧めとしてはGoogleの画像検索で検索して(カタカナと英語両方で見てみるのを忘れないように)気になる画像を見てお店かチェック。そうすると大概の物が安く買えます。 First, you seem to need the rhinestones you want color/sizes, a specific glue for rhinestones, then a pointy stic

DIYリフォーム パート30 - 化粧 / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics

DIYリフォーム パート30 - 化粧  / DIY Home Renovation Part 30 - Cosmetics 今回でとりあえず撮りだめた分は終わりです。窓をやりながら化粧をやっていったわけですが、ほとんどの壁は珪藻土です。例の ネリード というブランドのもので、非常に塗りやすくておすすめです。編者もこれ以前はコテで珪藻土をぬるという経験は無かったのですが、簡単すぎて拍子抜けです。広告費が出てるわけではないですよ!ただ、水性とはいえ床に落とすと拭かなければいけないので、それなりに体力は使います。 These are the end of the photos that have been taken for the moment. We did the cosmetics for the wall alongside doing the windows, which was done with the Diatomaceous earth that goes by the brand of Nerido , and is insanely easy to apply. I have never used a trowel before but it was to the level that it was anticlimactic. And I'm not paid to write this! But I must warn you, even though it's water-based, if you drip it on to the floor it'll get messy and you'll likely use a considerable amount of energy. 窓枠はまだ未塗装です。 The window frames aren't painted yet. ここの右側の耐力壁だけ一部壁紙が使用されています。中々アクセントになっていてオシャレです。 The structural wall you see on the right side has a wallpaper applied. It works as an accent and mak