外壁塗装(予算に合わせた塗装/ペンキ塗り)

シェアハウス

 

予算に合わせた外壁の塗り替え・ペンキ塗りを行っております。外壁のほか、屋根、雨樋、ベランダの手すり、フェンス、車庫や物置なんでも塗装いたします。外壁塗装の専門スタッフがおりますので、美観を維持し、躯体を保護する仕上がりになります。塗り替えの流れは下記になります。

  1. 屋根、壁、軒天、水切り、破風、鼻隠し、樋など時間をかけて高圧洗浄を行 い、汚れ、堆積物、藻、カビなどを取り除き下地をクリーンにします。
  2. トタン屋根の場合とりわけ錆落しが重要です。
  3. 金属サイディングは表面や目地を丁寧に目荒らししなければなりません。
  4. 目地は既存のシーリングを剥がし、新しいシーリングを充填します。
  5. 下塗りは材料に決められた希釈を行い、丁寧にローラや刷毛で塗ります。下地の上に、上塗り材料が安定して確実に塗布されているか確認しながら作業を行います。このときやはり、下地の表面調整仕上げが十分ではないと問題を起こすことねなります。

外壁塗装はぜひお気軽にご相談ください。

 

作業前の外壁の清掃

戸建住宅の外壁洗浄が必須です。全体的に高圧洗浄機で、洗浄し汚れを落としました。コンクリートのコケなども落とすことは可能です。外壁洗浄、外壁清掃、雨樋清掃、など行っております。見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

屋根と壁の塗装

天気のいい日曜日に庭に出ていると、門の外から誰かが声をかけてきます。お宅の家の塗装は大分剥がれていますね。そろそろ塗り直しが必要ですと。何回か声をかけられたら、塗装のことを考えましょう。住宅の塗り替えは10年に1度といわれます。素地の劣化を抑え、住宅の美しさを維持し、住宅の寿命を延ばすためとされます。住宅の塗装面がぷくっとふくれ、しばらくすると剥がれたりするトラブルは、下地調整の不良が、原因の大半です。もちろん、塗り替えしてから10年を超えると、経年変化で塗装のトラブルに見舞われます。塗り替えの最重要点は下地の調整仕上げにかかっています。

 

雨漏り対策

雨漏りがすると情けなくなってきます。うらぶれた感じがするので何とかしたい。梅雨といってもむかしのしとしと降る感じではなくて最近は,南方系のスコールみたいにドカーンと降ります。また、台風は恐ろしい。これに耐えられないのは日本の屋根です。屋根の緩やかな勾配は美しい。しかし、大量に降る雨量は、雨樋の限界を超えます。そして、雨漏りの原因となります。雨漏りの原因を調べることになります。屋根が経年変化しているのか、あるいは屋根の構造が変質変形して穴や僅かな隙間が開いたか、塗装に問題があるのかなど調べることになります。

しかし日本の建築は、やっぱりしっかりしいます。原因が特定できません。色々調べても分かりません。そこで,雨樋が詰まってる。あるいは、屋根の排水樋が堆積物で詰まっているなど屋根に登ると気が付くことになります。屋根の塗装もかなりヘタって来ていると気づきます。結局、雨どいの清掃をしたら、雨漏りが止まり、大雨のときに天井を見上げるが無事に納まっております。しかしながら、そのうち、屋根の塗装をしなければ、家が駄目になってしまうと思う。屋根の清掃、雨漏り対策、外壁塗装はご相談ください。千葉の便利屋のモットーは誠心誠意迅速丁寧感謝です。

 

外壁、門扉、石塀、ブロック塀のクリーニング

外壁、門扉、石塀、ブロック塀のクリーニングの基本は、高圧洗浄機を適切に使うことと、洗剤を適切に使うということにあります。外壁等の汚れはどういうものがあるかというと、ホコリ、泥、カビ、コケ、油、雨だれ、錆、藻、排気ガス、水垢、黒ずみなどです。これらの汚れを除去するために、水と洗剤を適切に用いることが必要です。洗剤は汚れに応じて使い分けます。一般的には中性洗剤、弱アルカリ性洗剤、漂白剤、クレンザー、アルカリ性洗剤、溶剤、金属磨き剤などを用います。また、石材用途専用、木質用途専用、金属用途専用などターゲットを絞った専用洗剤も用います。

高圧洗浄機の使用に関しては注意が必要です。同じ場所に長時間当てると、表面が傷んだり、破壊されることもあります。噴射時間と距離を調節し、広拡散か直噴で圧力を調節する必要があります。また傷んでいる塗装面には、注意が必要です。特に目地のコーキング剤を傷めない様に注意をする必要があります。外壁クリーニングに実績があります。そのほか庭のクリーニング(草抜き、草刈、木の伐採、庭石の撤去など)、ベランダの清掃、屋根、部屋の清掃などに実績があります。