空き家・空き地のバリケード柵の設置

放置されている空き家については、厳しい目が注がれております。全国で問題が頻発しているからです。空き家の周りの住民の環境が著しく損なわれる事態が発生しているからです。そのため、空家等対策の推進に関する特別措置法が、五月に完全施工されました。その関連から、空き地についても、持ち主が適切に管理することが求めらております。まず空き家・空き地が放置されると、直ぐに雑草が伸び放題となり、周りの環境が損なわれ、危険な場所になります。次に、ごみなどが不法に投棄され、ごみが知らぬ間に増えます。三番目に、放置されている空き家・空き地は周囲の住民の大きなストレスになります。

こうした点から空き家・空き地の適切な管理が必要になります。それではどうすれば良いかというと

  1. 空き家・空き地にバリケード・フェンス柵を設置して、ごみの投棄防止とその他諸々の危険を回避する必要があります。
  2. バリケードまで行かなくても、環境に考慮した簡単なロープ柵、竹柵などで空き家・空き地を適切に管理する必要があります。
  3. 草刈、木の伐採をして、空き家・空き地を清潔に維持し、周囲の住民に配慮する必要があります。

バリケード柵の設置はお任せください。お気軽にご連絡ください。

 

 

 

カーテンレールの取り替え

千葉市美浜区にて、カーテンレールの取り替えをいたしました。

4箇所のカーテンレールを新しい物に変え、撤去した古いレールは引き取りました。

家庭でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。